【競輪予想2020】大楠賞争奪戦|武雄 初日の見解と買い目

今回は4月23日大楠賞争奪戦2020初日の予想をしていきます。

新型コロナウイルスの影響で競輪が開催出来る場所が限られている中

久しぶりの記念開催という事で、俄然やる気になっています。

S級S班4名に他にも強力なメンバーがしっかり揃った開催という事でかなり面白くなりそう。

初特選メンバーで最終日の決勝を迎えても驚かないくらい初日から大激戦。

それでは大楠賞争奪戦 初日の予想をしていきます。

 

 

今回の予想に入る前に前回のブログ記事の結果報告です。

“4月19日 9R|A級特選

【予想印】

1 中川 博文

5 張野 幸聖

3 山崎 将幸

2 増田 利明

△6.7

 

【買い目】

1=5→2.3.6.7

1→2.3.6.7→5

5→2.3.6.7→1

穴なら⇩

3→1.5→1.2.5.6.7

 

結果は以下の通りです⇩

1着 5 張野 幸聖

2着 1 中川 博文

3着 3 山崎 将幸

 

◯→◎→▲

5→1→3

3連単 1,040円「的中」

 

“4月19日 10R|A級決勝

【予想印】

5 大利 航平

3 岡田 征陽

1 飯田 憲司

8 伊藤 歩登

△2.7.9

 

【買い目】

ブログランキング内での買い目を

更新してしまった為、買い目は分からず。

 

結果9は以下の通りです⇩

1着 9 岡本 英之

2着 1 飯田 憲司

3着 7 山口 貴弘

 

 

コロナウイルスの影響によって開催場所が限られている中での久しぶりの記念開催。

これ以上、気合が入るモノがありません。

出場メンバーも凄い豪華でしっかり予想の方を組み立てていこうと思います。

それでは今回の予想に入っていきます。

 

競輪ジャンジャンでは全国各所に点在する

競輪場に専属の情報元を有しており

選手同士の「やりとり・しがらみ」又は

「体調・プライベートの環境」など

一般に出回らない情報を聴取出来るため

限りなく的中に近づいた予想をお届けする事が可能なのです!

競輪は人と人による勝負事で

馬のエンジンの能力も関係ありません。

だからこそ、情報元から届く関係者情報を最大限に活かせるのです!

今ならどなたでも最大50,000円分のクーポンがGET可能。

⬆︎画像クリックで簡単に無料登録⬆︎

【武雄11R|S級一予選】

1 深谷 知広

2 大澤 雄大

3 蒔田 英彦

4 小林 弘和

5 高橋 築

6 三ッ井 武

7 荒井 崇博

8 真崎 新太郎

9 大木 雅也

 

1  7  45  2  83  9  6

この並びのラインが予想される。

 

【予想・見解】

今回のレースは1番車の深谷選手と7番車の荒井選手が人気になりそうです。

そこでこのレースで本命視して狙っていきたいのは(1)深谷選手

対抗は同じラインの番手、(7)荒井選手。

正直このレースは波乱は考えずらく、少点数で厚く貼るのが理想。

本命の(1)深谷選手は久しぶりの実践という事で、競技との切り替えが

しっかり出来るか。これが問題にはなりそうですが、メンバーレベルから考えると

脚の力は一枚上なので、多少強引に動いたとしても自力の高さで上位台頭。

対抗の(7)荒井選手にとっては確実に良い目標を付けた。

今回は地元での開催という事もありますし、(1)深谷選手の仕掛けにすんなりなら、直線で差し争い。

単穴というよりかは、3番手評価で(3)蒔田選手。

自力選手であり、逃げでも捲りでもレースを組み立てる事が出来る。

人気本線の相手はかなり強いので、どこまで抵抗出来るか?

何も考えずにレースに挑めば、敵わない相手なので、絶対に先手を譲らない。

または、早めにかましに行き3車ラインを生かす、など技あり策さえあれば、穴を開けても驚かない。

注意評価として抑えは必要と考え(9)大木選手を推奨しておきます。

自力ある(3)蒔田選手を目標に出来るのは、多少の魅力。

(3)蒔田選手が早め早めで、積極的に攻めて行くのであれば番手からの抜け出し3着なら考えられる。

 

【予想印】

1 深谷 知広

7 荒井 崇博

3 蒔田 英彦

9 大木 雅也

4 小林 弘和

 

【買い目】

1=7→3.4.9

1→3.4.9→7

7→3.4.9→1

あまり手を広げすぎない方がいいか。

12点に資金配分。

【武雄12R|S級初特選】

1 村上 博幸

2 小松崎 大地

3 山田 英明

4 松坂 洋平

5 松浦 悠士

6 野原 雅也

7 中川 誠一郎

8 宮本 隼輔

9 郡司 浩平

 

3  76  18  529  4

この並びのラインが予想される。

 

【予想・見解】

今回のレースは5番車の松浦選手と9番車の郡司選手が人気になりそうです。

そこでこのレースで本命視して狙っていきたいのは(5)松浦選手。

好メンバー揃った初日特選だが、やはりここでも(5)松浦選手が筆頭か。

バック本数最多の(8)宮本選手に仕掛けを任せ、後は後続を封じて切り替えるのみ。

(8)宮本選手の仕掛けが曖昧でも、自分でも動ける(5)松浦選手は人気だが軽視はできない。

対抗の(9)郡司選手は、力関係から考えるとおそらく2番手評価に落ち着く。

人気ラインの(8)宮本ー(5)松浦が上手く連携を決めると届かず。という事も考えられるが

今年に入って調子上げてきた(9)郡司選手なら捲って上位台頭。または早めの捲りなら頭まで。

単穴評価は別線、地元勢の(3)山田選手。

2月のG1全日本選抜では、全て3着以内に入線し決勝では銅メダル。

自在性あり、なんでも出来る選手という事もあり、中段好位からの抜け出しや

ごちゃついたもつれがあるようなら、当然自在ある(3)山田選手にも注意したい。

注意評価として抑えは必要と考え(8)宮本選手を推奨しておきます。

(8)宮本選手に関しても、今年に入ってからの勢いが非常に良い。

調子に乗った時の(8)宮本選手の逃げ脚はレベル高く、ここは果敢先行が予想され

番手(5)松浦選手が後続を上手くブロック出来れば、ワンツーも大いに考えられる。

 

【予想印】

5 松浦 悠士

9 郡司 浩平

3 山田 英明

8 宮本 隼輔

△1.4

 

【買い目

人気ブログランキングへ

 

【人気沸騰中の情報サイト】

現地の取材と過去のデータを徹底解析し

大穴選手が健闘する時や、ラインの乱れなど、あらゆる選手の思考を分析。。

独自の人脈からあらゆる関係者へ取材を実施し、高配当車券を連発。

⬆︎画像クリックで簡単に無料登録⬆︎

 

Youtubeチャンネル

チャンネルへ