【競輪予想2020】瀬戸の王子杯争奪戦|玉野 3日目の見解と買い目

 

今回は3月7日瀬戸の王子杯争奪戦2020 3日目の予想をしていきます。

本日の玉野開催2日目の結果は12レース中の万車券が7本。

前半の負け戦では3レース万車券が連発していて、やはり負け戦だけあって

選手達のやる気の無いパターンや、心理から考えると荒れる事も考えられますね。

10レースで勝ち切った浅井選手は、前場所で完全Vを決め、今節も2連勝と好調をキープ。

12レース目では清水選手の気迫溢れる、力でねじ伏せた所にはさすがだと思いましたね。

それでは瀬戸の王子杯争奪戦3日目の予想をしていきます。

 

 

今回の予想に入る前に3月6日の瀬戸の王子杯争奪戦2日目の結果報告です。

“3月6日 11R|S級二予A

【予想印】

1 吉田 敏洋

5 郡司 浩平

7 皿屋 豊

4 島川 将貴

△8.9

 

【買い目】

本線⇩

1=5→4.7.8.9

高配当⇩

1=7→4.5.8.9

5=4→1.7.8.9

 

結果は以下の通りです⇩

1着 7 皿屋 豊

2着 1 吉田 敏洋

3着 5 郡司 浩平

 

▲→◎→◯

7→1→5

3連単 13,850円「的中」

 

【回顧】

今回のレースは1番車の吉田選手を本命◎・5番車の郡司選手を対抗◯評価で車券を購入しました。

展開的には残り2周の赤板で(6)隅田選手が(3)小林選手を連れて上昇するも

ジャン前で(4)島川選手が(2)池田選手を連れて先行態勢。

それに続いて(7)皿屋選手も(1)吉田選手と(9)北野選手を連れて上昇し、全体の3番手に収まる。

一本棒で迎えた最終バックで、全体の3番手に付けた(7)皿屋選手が先捲りでスパート。

3コーナーの時点では(7)皿屋選手ー(1)吉田選手が先頭に踊り立ち、後方から(5)郡司選手の捲りが強襲。

直線で(5)郡司選手が猛追するも3着までで、先に捲り仕掛けた(7)皿屋選手が押し切り、続いて2番手の(1)吉田選手が2着。

個人的にも上位評価を打った3車で決まり、丸乗りで万車券をお届けする事ができました!!

 

“3月6日 12R|S級二予A

【予想印】

1 清水 裕友

3 澤田 義和

7 木暮 安由

5 柏野 智典

△2.4.8

 

【買い目】

1=3→2.4.5.7.8

7=3→1.2.4.5.8

1→2.3.4.7.8→5

 

結果は以下の通りです⇩

1着 1 清水 裕友

2着 7 木暮 安由

3着 5 柏野 智典

 

◎→▲→注

1→7→5

3連単 1,290円「的中」

 

【回顧】

今回のレースは1番車の清水選手を本命◎・3番車の澤田選手を対抗◯評価で車券を購入しました。

展開的には残り2周の赤板で(4)坂本選手が(9)内藤選手を連れて上昇するも

それに反応した(1)清水選手が(5)柏野選手と(6)原選手を連れて上昇し、位置取りを図る。

ジャン前で(8)畑段選手が(3)澤田選手を連れて仕掛けようとするも最終的に先行態勢に入ったのは(2)黒沢選手ー(7)木暮選手。

最終バックで自分で脚を使い、捲りで強襲した(1)清水選手に対して(7)木暮選手が2、3回牽制するも

なんのそので跳ね除けた(1)清水選手が力でねじ伏せて力の違いを見せ、1着入線。

(2)黒沢選手の番手から切り替えた(7)木暮選手が2着に入線し、3着には(1)清水選手と連携が千切れながらも追い込んだ(5)柏野選手が3着入線。

今回のレースは配当的には安めでしたが、11レース目に引き続き的中をお届けできました。

 

 

今回の「瀬戸の王子杯争奪戦GIII」2日目の開催も白熱したレースが多かったですね!

個人的には11レース目では万車券。12レース目では本線所ではありましたが

2/2で予想を的中出来たので、参考にはなったのではないでしょうか?

明日の3日目は準決勝という選手個人にも大事な一戦を迎えるので

予想の方も引き続き的中目指して予想をしていきたいと思います。

それでは今回の予想に入っていきます。

 

現地の取材と過去のデータを徹底解析し

大穴選手が健闘する時や、ラインの乱れなど、あらゆる選手の思考を分析。。

独自の人脈からあらゆる関係者へ取材を実施し、高配当車券を連発。

⬆︎画像クリックで簡単に無料登録⬆︎

【玉野11R|S級準決勝】

1 佐藤 慎太郎

2 浅井 康太

3 井上 昌己

4 山田 庸平

5 新山 響平

6 桐山 敬太郎

7 小林 大介

8 柿澤 大貴

9 皿屋 豊

 

4  35  19  268  7

この並びのラインが予想される。

 

【予想・見解】

今回のレースは2番車の浅井選手と1番車の佐藤選手が人気になりそうです。

そこでこのレースで本命視して狙っていきたいのは(2)浅井選手。

前場所で完全Vを決めて今節に出場し、現在2連勝で、前場所から7連勝。

去年は噛み合わないレースが多く、浅井選手らしい成績で走れてなかったものの

今の順調さを考えると、充実期に完全入っており、この勢いは今節でもキープ。

メンバー構成から考えても、まだまだ通過点ですし、今回はライン先頭に同県(7)皿屋選手を配置し

(7)皿屋選手の自力先行にすんなり番手先行で、ここでも上位台頭。

対抗は万車券狙いで(3)井上選手。

初日のレースはまさかの1レース目に組まれ、(3)井上選手にとっても屈辱的な番組に配置された。

初日のレースは相手関係から考えても、勝って当然という所で1着入線。

2日目のレースは着順的には5着には破れたものの、勝負所で内に包まれ、進路探しに時間がかかった。

直線で追い込むもまだまだ脚を余した状態でのゴールだっただけに、(3)井上選手自身の全力を出し切れていない分

2日目の5着という着順は、まだまだ見返せるし、(4)山田選手を目標に中段好位からの発進が出来れば、自在性も有りで上位台頭。

単穴評価は(9)皿屋選手。

(9)皿屋選手は今節の動きが非常に良い。初日は先行勝負からの押し切り1着。

2日目のレースは、控える位置取りから捲って、格上である郡司選手を抑えての押し切り1着という事で

マークをせずに、自分で脚を使って仕掛けているにも関わらず、ここまで押し切れているのは好調間違いないし

番手に絶好調な(2)浅井選手がタテヨコ仕事を上手くこなしてくれれば、3日間連続の(9)皿屋選手の上位台頭も見える。

注意評価として抑えは必要と考え(1)佐藤選手を推奨しておきます。

今回のレースは恐らく(9)皿屋選手が徹底先行という事で

(1)佐藤選手にとっては今回コンビを組む(5)新山選手の仕掛けが大きなポイントになってくる。

極端に(5)新山選手が(9)皿屋選手と踏み合う事なく、全体の3番手から中段辺りにラインを配置できれば(5)新山選手をマークに(1)佐藤選手の台頭も?

 

【予想印】

2 浅井 康太

3 井上 昌己

9 皿屋 豊

1 佐藤 慎太郎

△4.6

 

【買い目】

2=3→1.4.6.9

2=1.4.6.9→3

1=3→2.4.6.9

配当妙味のみ。

【玉野12R|S級準決勝】

1 清水 裕友

2 畑段 嵐士

3 木暮 安由

4 藤井 栄二

5 岩津 裕介

6 菅原 大也

7 田中 誠

8 蕗澤 鴻太郎

9 新田 康仁

 

4  21  5  78  36  9

この並びのラインが予想される。

 

【予想・見解】

今回のレースは1番車の清水選手と5番車の岩津選手が人気になりそうです。

そこでこのレースで本命視して狙っていきたいのは(1)清水選手。

以前のブログ記事でも少し触れたかとは思いますが、最近の全日本選抜で悲願のG1V。

勢いに乗っており、初日のレースでは着順的には8着に破れたものの、ロングスパートで仕掛けた。

初日初特選でのレースなおかつ、完全に捲りの展開だっただけに度外視。

2日目のレースでは、最終バックからの勢いのある捲りで2〜3回の牽制にあったのにも関わらず

なんのその跳ね除けて、力の違いを見せて別線をねじ伏せた。

今節のデキも問題なさそうで、メンバー構成から考えても好機逃さずに捲ればここでも上位台頭。

対抗は高配当狙いで(3)木暮選手。

今回はレースは自力のある(8)蕗澤選手をライン先頭に配置し、番手絶好の展開から好機を狙う。

自力同型の(4)藤井選手との仕掛けが展開の鍵を握りそう。

(4)藤井選手が覚悟を決めて、徹底先行にくると少し厄介だが、(4)蕗澤選手がすんなり先行勝負に持ち込めれば

(8)蕗澤選手マークの(3)木暮選手にとっては好都合だし、(1)清水選手よりも(3)木暮選手が先捲りになるので(3)木暮選手にもチャンスあり。

単穴は(1)清水選手の番手(5)岩津選手。

(1)清水選手が好機逃さずにすんなり捲りで強襲する事が出来れば、番手絶好の(5)岩津選手にもチャンスが回ってくるか。

あまりにも(1)清水選手が厳しいレースを用いられた場合は、番手(5)岩津選手との連携が乱れる可能性も考えられるが

(1)清水選手が極端な後方からの捲りではなく、早め仕掛けでスパートをかけるようであれば、直線で(5)岩津選手が抜け出すことも?

今節の玉野競輪場の地元勢としても(5)岩津選手はここで敗北するわけにはいかないか。

注意評価として抑えは必要と考え(2)畑段選手を推奨しておきます。

(2)畑段選手は今回(4)藤井選手とコンビを組み、番手絶好の展開から好機を狙う。

(8)蕗澤選手と(4)藤井選手の仕掛けが鍵になりそうで、(2)畑段選手が台頭するには(4)藤井選手が積極的に先行するのみ。

もし(4)藤井選手が先行勝負に持ち込めなかったとしても、(2)畑段選手自身、自在性のある選手なので展開によっては穴を開ける。

 

【予想印】

1 清水 裕友

3 木暮 安由

5 岩津 裕介

2 畑段 嵐士

△7.9

 

【買い目

人気ブログランキングへ

 

【人気沸騰中の情報サイト】

ギャンブル業界にはTVや雑誌では語られない

“ある事実”があります。

世にある投資情報の99%が詐欺であり

「1%の真の情報」を勝ち取る人間はごく僅か…

“競輪カミヒトエが最強”の理由は

その1%を持ち得ている事に由来します!

⬆︎画像クリックで簡単に無料登録⬆︎

 

Youtubeチャンネル

チャンネルへ