【競輪グランプリ2019】今年最後の大一番の最終予想「優勝で飾って締めくくるのは誰だ!」

今回は12月30日競輪グランプリ2019の最終予想をしていきます。

3日間開催のKEIRINグランプリ2019も明日で最終日となり今年の王者が決定します。

初日のガールズグランプリでは児玉碧衣選手が史上初の2連覇を達成。

2日目のヤンググランプリでは松本貴治選手が鮮やかに直線伸びて、若手の頂点に君臨。

そして明日の最終日には、今年の王者を賭けた競輪グランプリが開催。

得に人気になりそうなのは脇本選手・新田選手ですが、果たしてどんな結末を迎える事になるのか!?

それでは競輪グランプリ最終日の予想をしていきます。

 

 

今回の予想に入る前に12月29日に行われたヤンググランプリ2019について軽く触れていきます。

個人的には高配当狙いで森田選手を本命。相手としては松井選手を本線に購入しました。

車券の購入の仕方はガールズグランプリで買い方が上手い事いき、的中する事が出来たように

本命「森田選手を1着固定」相手本線「松井選手を3着固定」

穴推奨した森田選手を1着で固定し、松井選手はいくら強いとはいえ、全員単騎でのレース。

競技のナショナルに影響が出ないレースをしてくると考えると(落車して大怪我など)

大事を取って危険なレースをしずに、外々を回って突っ込んでくるような展開になれば

頑張って直線で猛追するも3着。みたいな感じになってもおかしくないと考え

松井選手をあえて3着付けにすることによって高配当を狙っていこうという買い方なりました。

僕もリアルタイムで観戦していたんですが、まさかの穴推奨の森田選手が2着で「3⇒5⇒9」での決着で3連単で約9,000円。

相手本線の松井選手が3着に入線と、森田選手が優勝していればガールズの大本線続いての的中でした。

 

という事で立川開催のKEIRINグランプリも2日間が終了し、残すは最終日の男の頂上決戦。

ラインを組んでくるのが3組。単騎が3車というコマ切れ戦で白熱した戦いが予想されます。

ナショナル所属の新田選手や脇本選手が基本的には売れそうですが

今年でグランプリ10回目となる平原選手や、今年のG1で初のタイトルを獲得した松浦選手。

自身13年ぶりに出場となった佐藤選手など、どの選手も全力で挑んできそうですね。

ガールズグランプリでは2車の落車があり、勝負の世界には付き物ですが

今年出場できる9名の選手には是非無事に完走を遂げてほしいです。

それでは今回の予想に入っていきます。

 

【人気沸騰中の最新サイト】

【第1位】 KEIRIN-絆

個人では管理できない膨大な情報量を完全データ化し

徹底的に解析する事で高回収を実現可能にしました。

選手の調子が表れやすい「脚」について見極められる「選脚師」を元競技者が育成。

実際に現地に派遣し、指定練習やレースで見なければ分からない選手の調子や癖を完全掌握!

豊富な経験&豊富なデータによる徹底分析!

入会金0円・年会費も永久無料。

プロの買い目を完全公開!!

今ご登録でサイト内で使える1万円分のポイントをプレゼント。

今すぐ登録する

KEIRINグランプリ10R|S級決勝

1 鈴木 竜士

2 園田 匠

3 渡部 哲男

4 植原 琢也

5 岡村 潤

6 取鳥 雄吾

7 大塚 玲

8 阿竹 智史

9 稲毛 健太

 

9  24  15  76  8  3

この並びのラインが予想される。

 

【予想・見解】

今回のレースは1番車の鈴木選手と5番車の岡村選手が人気になりそうです。

そこでこのレースで本命視して狙っていきたいのは(2)園田選手。

そして対抗は同じラインの(9)稲毛選手。

本命評価の(2)園田選手の初日は7着に破れたとはいえ、言ってしまえば初日の初特選の捨てレース。

完全に先手主張を取り、中段好位までに位置取りしないと届かない展開で

最後方に追いやられて、捲り届かず不発の展開で初日に関しては完全に度外視していい。

2日目のレースでは同じくライン先頭に自力選手を配置し、3コーナー辺りから番手切り替えで差し切り。

ここでは初日にコンビを組んだ(9)稲毛選手の番手から鋭い脚で突っ込んでくる。

対抗の(9)稲毛選手の初日のレースは9着。

初日も(2)園田選手とコンビを組むも先ほどもお話したように完全に展開負けした事が原因。

初特選という事もあり、最後はまともに自転車を漕いでなかったですからね。

2日目のレースでは果敢に先手主張で攻めて行き、かかりも良く2着に入線。

このレースは自力同型の(4)上原選手や(6)取鳥選手がいるので仕掛けどころがとても大事。

昨日のかかりの良さから考えると、思い切っての先手主張で行ききってしまえば、残り身もある。

単穴評価としましては別線の(8)阿竹選手。

2日間動きの良いライン先頭の自力選手(6)取鳥選手が自滅覚悟で前々粘り込みをはかれば(8)阿竹の番手差し切りもあるか?

星印・注意評価として人気の支持を集めるであろう(1)鈴木選手を抑えは必須とし、推奨しておきます。

自力強力(4)植原に選手の番手でレースを運ぶ予定で(4)植原選手がライン先頭を任された以上

113期若手の選手としては何としてでも先手主張で番手(1)鈴木選手のサポートをしたいところ。

(4)植原選手の動きも悪く無いし、行ききってしまえば当然(1)鈴木選手の番手絶好の展開。

正直ここは自力同型3車の3名がどこで仕掛けてくるかを考える事が的中に繋がりそうですね。

 

【予想印】

2 園田 匠

9 稲毛 健太

8 阿竹 智史

1 鈴木 竜士

△3.5.6

 

【買い目】

2=9→1.3.5.6.8

2→1.3.5.6.8→9

8→1.2→1.2.3.6.9

1→2.8→2.3.6.8.9

 

【人気沸騰中の最新サイト】

【第2位】競輪ギア

あなたは専門用語やレース展開に関しての勉強は不要です!

難しい事は我々にお任せください。

なぜなら競輪を予想する上で何よりも重要なのが「情報」

いかに「情報」を集めるかで稼げる金額も変わってくるのです。

ライン/選手/バンク/番組/天気/風/季節等…

膨大な情報をリアルタイムで仕入れ、過去データと絡めて調査し、ブラッシュアップする必要があります。

「情報」を集め、分析・精査を経て「真の情報」となるのです。

あなたにやっていただく事は我々が提供する買い目の車券を購入する。それだけ。

登録ですぐ使える1万円分のポイントが貰えます。

今すぐ登録する

KEIRINグランプリ11R|S級GP

1 中川 誠一郎

2 松浦 悠士

3 脇本 雄太

4 佐藤 慎太郎

5 清水 裕友

6 郡司 浩平

7 新田 祐大

8 平原 康多

9 村上 博幸

 

7  415  23  968

この並びのラインが予想される。

 

【予想・見解】

今年最後の競輪グランプリは3番車の脇本選手と7番車の新田選手が人気になりそうです。

個人的には(3)脇本選手・(7)新田選手は基本的には、評価を下げめで車券を組んでいきたい。

ナショナルでの競技が多くてレース慣れという事や、確かに脚は凄く良いモノを持っているが

オリンピックを見据えてのレースという事で、落車などでの大怪我は極力避けたいところ。

そういう背景から考えると何が何でも勝ちに来るよりかは危険な事まではしずに、展開次第で優勝を狙ってくる。

そこでこのレースで本命視して狙っていきたいのは、3日前にブログで出場メンバー9名の紹介の時も発表した(2)松浦選手。

今年1年間の成績に関しても安定し、競輪祭で自身初のG1を制覇して勢いに乗っている。

ここグランプリの意気込みも(5)清水選手の番手でラインワンツーを決めたいと話しており

怪我で悩まされたが、完全に復調。本来の(5)清水選手に戻った今なら(5)清水選手の

果敢な自力攻めから番手絶好の展開で(2)松浦選手が初G1タイトル、初グランプリ優勝をもぎ取る。

対抗は(7)新田選手と迷いましたが(5)清水選手

去年の競輪グランプリで初出場。初出場ながら思い切ったレーススタイル。

最終バックで勢いよく捲ってのレースで惜しくも車券に絡まなかったが、来年もさらに狙いたいと思った事を覚えている。

先ほどもお話ししたように、今年の前半は怪我の影響で苦しめられたが、今は本来の動きに完全戻り切った。

競輪祭での果敢な動きから考えても、ここも覚悟をを決めて積極的にある程度、前々でレースを運ぶ予想。

(5)清水選手も今回に賭けた思いは強い。ここはもう一度ラインワンツーを決めてもらう。

単穴評価としましては別線の(7)新田選手。

ナショナルにも所属している選手でそこまで極端なレースはよっぽどしてこない。

去年のグランプリも後方でどっしりと構え、最終バックからモノ凄い脚で突っ込みをしての3着。

もう少し位置取りが中段であったり、もう少し仕掛けが早かったら完全に届いていました。

今年は同じように後手は踏んで来ないと予想しますが、勝負所の自転車の入り乱れたところには位置取りしたくないはず。

そう考えるとやはり、去年のようなある程度後方寄りからの捲り発進になるとは思うので

どこまで突っ込んで来れるか?というところ。ですが、多少の不利くらいがあっても自身の脚で頭まで突っ込んできても驚かない。

星印・注意評価として自力強力の(3)脇本選手を推奨しておきます。

(3)脇本選手も(7)新田選手同様ナショナル所属の選手でオリンピックを見据えたレースで懸念材料はある。

そういう背景から考えると(3)脇本選手は自力が強力なので危険区域な中段辺りには位置取りせず

思い切って自力先行でどこまで粘りこみができるか。というレース展開が予想される。

長くスピードのある脚を使える事は確かなので、後続を全く寄せ付けずに逃げ切り!!なんてのも驚きはしませんね。

 

【予想印】

2 松浦 悠士

5 清水 裕友

7 新田 祐大

3 脇本 雄太

△4.8.9

 

【自信の買い目は】

人気ブログランキングへ

 

【人気沸騰中の最新サイト】

【第3位】競輪VICTORY

競輪VICTORYでは”圧倒的な人的ネットワーク”と

“莫大な情報コスト”を費やし

門外不出の情報を入手する事に成功致しました!

情報収集力こそが【投資競馬】

成功へと導く唯一の方法となります。

無料登録で1万円分のポイントを先着でプレゼント中!

今すぐ登録する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Youtubeチャンネル

チャンネルへ

競輪や競馬の実践動画をUPしています。